手軽 離乳食 手抜き

MENU

手軽に離乳食!手抜きなんて言わせない!

子育てをして楽しみなのが赤ちゃんの離乳食。
茹でて刻んで裏ごしして・・・と、とても手間がかかりますが、美味しそうに食べてくれる我が子をみる、とホント癒されますし可愛いですよね♪

 

でも毎食少しずつの量を作るのって本当に大変です。
作っている間に赤ちゃんがじっと待っていてくれたりもしませんしね。


そんな時は時間がある時に一気に作って、冷凍しちゃうのが便利ですよ〜。
あまり赤ちゃんの食べる量が少ない時は、100均とかでも売っている製氷機に少〜しずつ、水分を少な目に作った離乳食を入れて凍らせます。
凍ったら、密閉できるジップロックの袋なんかに入れて冷凍します。

 

冷凍するのも、数種類の野菜をまとめて種類別に製氷機のブロックに入れて冷凍してあげると、少量ずつ複数の冷凍野菜が1度でできるので、後で便利です♪
使いたい時には使いたい分だけを取り出して、レンジで温めた後にお湯やミルクで伸ばしてあげます。
この時に、薄味の和風だしやコンソメなどで伸ばしてあげると、味のレパートリーも変わっていいですよ♪

 

生協などでは、かぼちゃやとうもろこしをマッシュして冷凍した食品や、「バランスキューブ」という色んなお野菜を細かくした、キューブサイズの冷凍した食品もあるので、簡単に離乳食を手作りする素材もあるので便利です♪

 

もちろん食べさせるだけ!とか、アレンジも自由自在という離乳食もベビーショップで取り扱いがあるので、栄養バランスが気になったり疲れて離乳食まで作れない!という時には、とっても便利な「パウチ」などの離乳食もあるので、そういったものを使うのもいいですよね。

 

お出かけ先では、手作りした離乳食を持ち運びできるように離乳食用のお弁当箱もありますし、「暑い時期で腐らないか心配」という場合には、外で簡単に食べられるように、お弁当サイズの離乳食なんかも市販されてあります。

 

弁当箱

 

市販の離乳食なら常温でも長期間の保存が可能なので、私は出かける時用に離乳食のお弁当を一応持ち歩いています。
出先ではスプーンは赤ちゃん専用のを持ち歩かず、コンビニなどで貰える小さなスプーンを使っています。
これだと容器と一緒に捨てられるので、最後の処理が便利なんですよ♪