MENU

ベビーカーに乗るのは赤ちゃん

ベビーカーってA型、B型、AB型、バギー…たくさん種類があって悩みますよね。
特に、初めてベビーカー選びされる方の場合、どんなのを選んでいいのかわかりませんよね。

 

そんな時は、希望用途や収納面でなど、初めてのベビーカー選びは専門店のスタッフさんに色々聞くのが1番!

 

でも、個人的には、車輪が大きく太いものの方が安定感があって、グラつきも少なく、しっかりしていてよかったです。

 

ベビーカーでは少しの段差がとても大きく感じられるため、車輪が大きいものと小さいものでは感じ方にかなり差が出てくるので…。
他にも片手でたためるのも、とても助かりました。

 

あと、ママサークルなど集まりがあったりするんですが、子供が人見知りをする時期や後追いする時期は、子供を下ろしてベビーカーをたたもうとすると大泣きされて大変なことがあって、片手でたためるタイプのものだと、抱っこしたまま簡単に折りたためるので、日常生活でもお出かけ先でも大変助かりました。

 

今、私はAB型を使用していますが、コンパクトにたためて走行のしやすいバギーへの買い替えを、2人目の時に検討しました。

 

でも、結局いつの間にか今のままAB型でということに落ち着いたのですが、赤ちゃんの腰が据わるまでの間は、対面式ができるベビーカーというのは赤ちゃんの様子を見れるので、使っていてとてもよかったと思っています。

 

腰が据わる頃まではA型のベビーカーをレンタルなどして、赤ちゃんがしっかり座れるようになったらバギーを購入するというのもいいですよね♪

 

ベビーカーのレンタルといえば、AB型ベビーカーの背面分に背中合わせになるようにイスが設置されていて、ベビーカーには下のお子さん、後ろのイスには上のお子さんをといった感じで、兄弟で乗れるベビーカーなんかもあります。

 

まだ「ウロウロしてしっかり歩いてくれない!」という、年齢の上のお子さんが居ているご家庭には、嬉しい形状のベビーカーですよね☆

 

大きな買い物で、少しの間しか使用しなさそうな2人乗りベビーカーなら、私的にはレンタルがオススメです♪

ベビーカーは予想以上に暑い!

ベビーカーでお出かけするのはいいですが、暑い夏だと赤ちゃんの事が心配ですよね。
太陽がコンクリートを照らした反射熱で、ベビーカーに乗っている位置あたりの気温はとても高いという結果が出ています。

 

その為「赤ちゃんが暑い!」ということで、地面からの高さが50センチ以上あるベビーカーなんかも出てきましたね。

 

それでも赤ちゃんだって、夏はもちろん暑いですよね。

 

そんな暑さを軽減させてくれるグッズが多く出ています。

 

よく見かけるのは、抱っこひもにも兼用ですえるアイスジェルなんてのがありますね。
ケーキなんかを買った時に貰える保冷剤を、タオルにくるんで活用されるお母さんもいてますが、赤ちゃん専用のアイスジェルを使うと、長時間冷凍庫に入れすぎていなければ、カチンコチンに硬くならないという優れたグッズ。

 

また、抱っこひもを使用する際に、普通の保冷剤を使うと、ゴツゴツして痛い思いをしますが、これだと硬くなりすぎないので、痛くなる心配をしなくて済みます。

 

 

さらに、冬はレンジで温めて保温してくれるという、暑い日にも寒い日にも対応できるものもあるので、暑さだけでなく冬の寒さが心配な方は兼用タイプがオススメです♪

 

他にも、首にスカーフみたいに巻きつけて冷やすタオルなんかもありますね。
水に浸すだけで冷たさを持続できるものや、細い保冷剤を入れるものなど種類も豊富!

 

どれにしようか悩みますが、お外遊びが出来るようになったら、熱中症を避けるにぜひ持っていたいアイテムです。

 

でも、アイスジェルだと食べてしまわないか不安という方には、アイスジェルほど冷たさはありませんが、ベビーカーに敷く敷きパッドみたいなものもあります。

 

ベビーカーに座ってても、背もたれにもたれてくれなかったり、アイスジェルとか使えないという人にも、敷きパッドだったら座っている部分も冷やしてくれるのでいいですよ♪

 

また、簡単にベビーカー本単に取り透ける扇風機なんてものも出ました。
お子さんが指を羽根にまきこまれないような作りになっている小型の扇風機が多いので、安心してベビーカーに付けてあげることができます。

 

色々と工夫して、赤ちゃんの熱中症対策をして上げてくださいね☆