赤ちゃん 英語

MENU

これからは英語くらいは喋れないと?

小学校低学年からの英語授業というのはニュースで見かける事がありますよね。

 

2020年に東京オリンピックも開催されますし、今後ますます国際社会へ・・・。

 

なので、子供の将来を考えると「英語はしゃべれるようにしてあげたい!」と思う方って多いですよね。

 

英会話

 

自分が英語が話せなくて苦労したという方だと、より一層子供に英語を話せるようにしてあげたいと強く思うのかもしれません。

 

最近では、赤ちゃん雑誌なんかにも、必ず英語教育について書かれていますが、その理由は3歳までに子供の耳(聞く耳)が出来上がってしまうんですが、3歳までに聞くのはほとんどが日本語。

 

「日本だから当たり前!」と言えばそれまでなんですけどね^^;

 

だから、日本語だけを聞く耳が出来上がってしまっていて、大きくなった時に英語の発音を聞き取るのにすっごく苦労するんです!

 

って、ディズニーの英語システムの営業の方に力説されたことがありますヾ(;´▽`A``

 

日本語ができていないのに英語なんてと、よく言われていましたがそれは過去の話です。

 

英語も日本語も自然と耳に入る環境が、英語を話せるようになるにはとても大事なことなんだと・・・。

 

英会話

 

もし自分がそんな環境で育ってたなら、もっと英語が得意だったのかな?と思いつつも、そんな環境で育たなかったのもあり、英語は全くできません(笑)

 

それらを踏まえ、これからの社会で、おそらく英語が話せなくて苦労をさせるのもな〜と、我が子に英語を取り入れるのもアリかなと検討をした結果・・・。

 

そういったものは大変高額で、なかなか続けるのもしんどいかなという結論に我が家ではなりました。

 

どれだけ子供のためでも、無理なくストレスを溜めずにする方がいいかなと。

 

こどもチャレンジでも英語の講座があるので、普通のこどもチャレンジの講座に比べると割高ではあるけれど、これなら無理なくできるかなと取り入れています。

 

DVDやおもちゃが付いてくるので、「まぁまぁいいんじゃないかな?」と一緒にDVDを見て、英語に少しでも慣れてもらおうと思っています。

 

ただ、たまたま通信教材で英語をしていますが、NHKの子供向け英語番組でも一緒に見て興味を持ってもらえるようになれば、それはそれで英語の勉強ができてるんじゃないかと思います。

 

お金をかけて子供に英語を聞かせるだけより、一緒に楽しんであげるのが1番の英語の上達への入り口かもしれませんよ♪