ベビーバス 収納便利 お風呂

MENU

ベビーバスの最新事情!いまどきは収納便利なお風呂が人気

新生児の赤ちゃんは、すぐに大人と一緒のお風呂ではなく、沐浴(もくよく)というのを1か月ほどしてあげます。
大人用のお風呂だと、風呂釜のほんの少しの雑菌や、赤ちゃんを落としてしまうなどの事故へ繋がるといった面から新、生児専用の小さなお風呂にいれてあげるんです。

 

さて、いざ沐浴といってもたくさんのベビーバスやベビーチェア、便利グッズがあります。
初めて行う沐浴にどれがいいのか悩みますよね・・・。
ベビーバスは特に種類があるので悩みどころですが、簡単にまとめてみました♪

 

プラスチックタイプのベビーバスは、しっかり固定されるので安定感があり赤ちゃんを洗っている時に、ちょっと自分の腕をベビーバスのふちに乗せても支えてくれるので助かります。
ただ沐浴の時期が終わり夏にミニプールとして使ったとしても、折りたたみなどもできないので収納の場所をとるのが難点…。

 

ビニールタイプは、浮輪の様にふくらまして使うタイプのベビーバスです。

柔らかく軽いので使い勝手も便利ですし、沐浴の時期が終わったらコンパクトに収納できるので、ビニールタイプのベビーバスを使う人が多いのではないでしょうか?
私もビニールタイプのベビーバスを使いましたが、沐浴の時期が終わっても子供をお風呂に入れる時に、お座りできるようになった子供をベビーバスに入れて、洗い場に連れて入っていました。
脱衣所に1人にしておくと不安なので、狭くなりますがまだ安心感がありましたよ(笑)

 

今、紹介したベビーバスは、お風呂場などで座り込みながら使用する場合が多いかと思いますが、これだと腰痛の原因となります。
毎日の事だとかなりの重労働になる沐浴!
これから赤ちゃんを抱っこする時間も増えてくることを考えると、少しでも負担を減らしたいところですよね。

 

そこでオススメしたいのがシンクに置けるタイプのベビーバス!
ちょっと小さくはなりますが、洗いものをするのと同じ高さで腰への負担がぐんと減ります。
もちろんそのままシンクにお湯を張ったり、シートなどを敷いて…といった方法もありますが。

 

そして最近人気なのが沐浴マット!
洗面台に敷いて使うタイプですが、お湯につかるのではなく、洗うことが沐浴の目的なのでとっても便利♪
沐浴は時間をかけずに手短にするのが鉄則(長く時間をかけると赤ちゃんには負担になります)なので、サッとできて腰を痛めることもなく便利です。
ただ使用後はしっかり乾かさないとカビの原因になったり、洗面台が広くないと使いにくいという面があります。