マタニティーフェスティバル 場外

MENU

いざ、会場へ〜場外編〜

入口はちょっと狭めではあるけど、「場内は妊婦さん優先です」っていう張り紙や、妊婦さんのマークの入った名札を配っていたり置いてあったり。
さすが、マタニティーフェスティバル、しっかりしてる!

 

その前には長蛇の列が……!!え、こんなに混んでるの!?って焦ったんですが、その先は抽選の文字。
何の抽選かは最後までわかりませんでしたが、たぶん、いくら分購入で出来るやつだったのかも…。
とりあえず、この列に並ばなくていいのに一安心。

 

エスカレーターで階下へ降りると…
いくつかのブースが作られている左側は、講演会やベビーマッサージの場で、右側は体験スペース。
それから相談スペースがあって、後から知ったんですが、産婦人科・小児科・歯科・栄養士・助産師さんに無料相談ができたみたいです。

 

私が出産に選んだ病院はとても混んでいて、ゆっくり先生とお話しが出来なかったんです。
最初の子の時は不安がいっぱいで、相談したかったのを覚えてます。
特に初マタさんは不安もたくさんだし、どんな小さなことでもやっぱり解決しておくべきだと思うんです。
主治医の先生は気にするなって言ったけど、「他の先生はどうなんだろう?」とかありませんか?

 

兄弟児の心配もあると思います。
育児を始めたら、小児科や歯科、栄養士さんにお世話になりっぱなしですよ!?
成長はこれでいいのか、栄養はこれでいいのか、虫歯はないか、コレを食べさせても大丈夫なのかetc…
知ってたら私も相談したかったぁ。

 

講演会は興味がありつつも予約制なので、あきらめました;
何と言ってもほとんど思いつきで行ったようなものなので…。

 

体験スペースも基本的には予約なんですが、空いていたら出来たのかな?
足つぼマッサージ、アロマオイルでやるハンドマッサージ、内臓脂肪測定(妊婦さん不可)、脳年齢チェック、骨密度検査、そのなかで一際おもしろそうだったのが【パパのマタニティー体験】!!
パパが疑似妊婦・出産体験をさせてくれるのがあって、思わず旦那も連れて来れば良かったって後悔(;_;)

 

ちょうど体験するご夫婦がいたので、遠目から温かい目をして見させて頂きました。
助産師さんになる時の研修で使うような、エプロンみたいなのに胸・お腹を付けたヤツをパパが付け、まずは記念撮影(笑)
その後、分娩台に上って出産…ちゃんとブルーシートの下から赤ちゃんの模型を出して「パパ、元気な赤ちゃんですよ〜。おめでとうございます。」って抱っこさせられて、記念撮影。
ほ…本格的…!!

 

男の人が分娩台ってまずありえない光景で。
妊娠も出産も絶対体験出来ないことだからこそ、こういう体験をして妊婦の奥さんの大変さを分かって頂きたい!
お腹が大きいと何をするのも大変で、ましてや陣痛でめっちゃお腹が痛いのに、自力で登らないといけない分娩台がつらいの何のって!
はぁ…旦那にやっぱり体験させたかった。

 

あと、最近流行りの4D超音波。
16週〜35週目の妊婦さんが出来るんだけど、残念ながらこれは抽選。
私も興味はあったけど、さすがに今は産後4か月なんで、まず受けれないけれど、やっぱり気になるよね。

 

でも、リアルに写りすぎてちょっとイメージ壊しちゃうかも…。
育児書とかに『宇宙人』『お猿さん』みたいだって、思わず思っちゃったエピソード載ってますよね?それよりも・・・な感じがするのは私だけかなぁ…。

 

けど、産まれたばかりのわが子は4Dで見るより絶対可愛いし、お猿さんみたいでも何とも言えない可愛らしさがあるんですよ。
私の場合はお猿さんや宇宙人じゃなくて、お地蔵さんみたいでした。
4か月の末っ子なんて、眠った顔は拝みたくなります。
ご利益ありそうです、マジで。

 

もうひとつ、ちょっと気になったのが【ベリーペイント】っていう、お腹に絵を描くやつ。
初めて私は聞いたんだけど、雑誌とかでも取り上げられてるみたいなんですが、みなさん知ってます?
赤ちゃんが無事に生まれて、健やかに成長するように願いを込めて描くんですって。
ボディペイント用の水彩絵の具でお腹に描くんですが、これがまたキレイなんです!
キュートな絵柄やセクシーな絵柄なんかもあるみたいですね。
こういうのも経験したかったなぁ。
お腹に赤ちゃんがいてる記念に、マタニティーフォトとベリーペイント、やっとけば良かったー(涙)
興味のある方は検索してみてくださいね☆

 

休憩スペースやおむつ替えスペース、授乳スペースもしっかり完備してあって、小さな子どもも安心して連れて行けましたよ☆

 

 

マタニティーフェスティバル「場外編」関連ページ

マタニティーフェスティバル「会場内編」